今回の青森こけし旅で我が家にやってきたこけし達をご紹介。

まずは木の香さんにて購入の小寸こけし達。


たちこ:左から
五十嵐嘉行工人
高橋通工人
平賀輝幸工人
えじこ:
梅木直美工人


お次は津軽こけし館で購入チーム。


たちこ:左から
阿保金光工人
佐藤武志工人(三蔵型)
梅木直美工人
岩附義正工人
佐藤忠雄工人


金ちゃんこけしの目の離れっぷりったら。

iPhoneImage.png


左:
こちらは実演工人だった長谷川優志工人のもの。
実演中に作られたものを譲っていただきました。
浮き輪をイメージしたそうです。

中央:
今回のこけ宿限定こけし。
きりっと七三分けの男子っぽい子を選びました。
スイカ柄ですが中央にすっと引かれた墨の線がネクタイの様。

右:
ねぷた村で購入した長谷川健三さんのこま。
リンゴの木でできているそうです。木目がかわいい。

最後に全員集合〜!


不思議なもので帰ってきてみると
『もっと買っておけばよかった…』と後悔してしまうんですよね〜。
『もっと買えたかも!』って(笑)

今回は小寸メインだっただけに今のこけ棚で間に合いましたが、
もう少し増えるとなると…こけし棚ももう何個か必要かな〜。

そんなことを考えるのも旅の余韻に浸れるので楽しいですね。

さて来月からは本格的なこけシーズンも始まり、
あっちゃこっちゃでこけし祭りが開かれますので、
各会場でお会いできる皆さん。
どうぞ宜しくお願い致します〜!

5月3〜5日に開催された第56回こけしコンクール。
開場前に全日本こけしコンクールの会場である白石キューブに到着した私は
今回は招待工人さんのこけしを買える販売の列ではなく、
コンクール出品作品の購入希望者の列、展示列に並んでみました。
列が動き出すまでの時間もそうですが、並ぶ時間の長いこと長いこと…
きっちり整理券番号順に呼ばれ、コンクールスタッフさんとともに
出品展示会場をまわり、どのこけしにするか決めて支払いを済ませる
スタイルなので、時間がかかるようです。
前後に並んでいる方とこけしの話やどこから来たか、
なんて立ち話をしながら列が進むのを待っておりました。
私のちょっと前に並んでいたおばあちゃんは御歳88歳!
仙台から1人で電車に乗って来られたそうです。
こけし愛、恐るべし。

そんな風に待ち時間を共にした皆さんとも
また来年もこんな風に会えるといいですね〜
なんて言いながらの別れ。
皆さんお元気で、またこけしコンクールでお会いしましょうね。
長い列と待ち時間の長さに心折れそうになりましたが、
ご一緒した皆さんのおかげで楽しく過ごすことができ、
いい思い出になりました。ありがとうございました!

そして今回選んだこけし2本を引き取りに行ってきました。



△左:鳴子系 菅原修工人 清太郎井桁6号
 右:津軽系 阿保六知秀工人 ロクロ線8号


菅原さんのこけしはずっとノーマークだったのですが、
今年の津軽こけし館・こけし福袋に入っていたのをきっかけに
好きになり。そのこけしに合わせて選んでみました。



△並べてみると、親子か姉妹のよう…かわいい…
 左が今回選んだこけし、右が津軽こけし館さんセレクトでやってきたこけし。


阿保さんのロクロ線のこけしは、このシュッとした雰囲気が気に入りました。
なんかこう…学級委員長的な?
仕事机の上に置いておくと『わっ、やばっ、ちゃんとしなきゃ!』と
背筋がピンと伸びる様な凛々しさです。
道に落ちてた10円玉もきっちり交番に届けそう、的な…
先生と呼んでもいいかも。

展示会場でスタッフさんに同行してもらいながらのこけし選びでしたが、
なかなかに面白い経験でした。
やはり縁あって手元にやってきたこけしには愛着がわきますね。

う〜ん、めんこい!


1

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

on Twitter

Booklog

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM