こけし柄の地域限定マステがある!ということを知ってから
行きたい行きたい〜!と思っていて、8月に入ってから
予定表とにらめっこしていたのですが、
ひょいっと福島での自由時間を取れることになったので、
mt school 東北 の福島教室の会場に行ってきました。

福島教室の会場は土湯温泉の空カフェさん!
土湯温泉に向かうメイン道路から旧道に入り
ぐいぐい進むと空カフェさんに到着します。




入口からカラフル・かわいい!!



空カフェさんのカフェスペースのお隣にある和室スペースが
今回の福島教室の会場です。
入口にはこけしちゃんが!

時間に限りがあるので、ワークショップは受けずに
限定マステをgetしてホクホクしながら
西田記念館さんへ〜

以前立ち寄った時に年間パスポートを作成してから
初のパスポート使用で入館♪

西田記念館さんで開催される企画展は毎回興味深いものばかり。
現在は 『鳴子 こけしの町の魅力』と『美轆会限定セット展』が
開催されています。



故人の工人さんの作品と略歴・エピソードも展示してあるので
わかりやすく、古品への想いも深くなります。
現工人さんの作品やご本人にはお会いする機会も多くあり
生のエピソードも聞く機会も多いのですが、
故工人さんだと系図などの活字のみでしか馴染んで
いなかったりもして、作品とお名前とが一致しづらかったり
覚えづらかったりで訳がわかならくなることも多く…
(私だけ?)
その微妙な距離感を縮められたような気がします。
会期が平成27年1月20日までと長いので
もう一度足を運びたいなぁと思います。

美轆会限定セット展も素敵でした〜。
特に当てごまこけし30個組。
30人の工人さんによる当てごまこけし。
当てごまなだけでもレアなのに、30組って!
ハンパないくらいかわいかったです。
しかし…おいくらなんでしょう。
美轆展には今年も行くことができなかったので、
来年こそは参加したいと思います。

そして西田記念館さんで最後の最後にびっくりしたもの!



今や幻のこけし時代 第一号が閲覧可能な一冊として
テーブルの上に!

プレミア価格で販売されているのしか見たことがなかったので
現物を読むことが出来て得した気分になりました。
ところでこけし時代第一号をお持ちの皆さま、
金ちゃんこけしのページに掲載されている写真に
当てごまらしきが載っているのですが…
美轆会限定セットの参加工人さんの名前には
金光さんの名前は無いのですよね。

最初このページの写真を見つけた時、
うわぁ、今この写真の当てごまが展示されてるじゃない!!!と
運命的な何かを感じたのですが、偶然なだけだったようで…(笑)
当分当てごまというだけでテンションあがりそうです。

まだまだ満喫したいところでしたが、
次の予定先へ移動しなければならなかったので
西田記念館さんを後にしたのでした。

台風の影響で雨が降ったり止んだり、
バケツをひっくり返したような時間もありましたが
充実した一日を過ごすことが出来て大満足でした(^v^)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

on Twitter

Booklog

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM