こけし好きなら一度は行ってみたい青森県!
私の暮らす場所からは高速を使っても最低5時間はかかるし…
タイミング良く一緒に行ける友人もいないし…
と悩んでいたのですが、休みの都合や季節も考えて
夏休みの内に行っておくべきじゃないの??と
自分に気合を入れて行ってきました、青森こけし旅!

朝の8時に自宅を出発し、東北自動車道を北上。
途中八戸自動車道に入り三沢市へ。
三沢市に入ってからは、1日目の目的地
伝統こけし 木の香 さんへびゅびゅーーんと!



入口にはこけし灯篭が…

店内はというと、中古&新品こけしが
ずらずらり〜〜


ずらぁ


時にはしゃがみこんでじっくり見たり


こけしのすぐ手前には工人さんの名前が書いてあるので
「あらこれは?!」と気になった時にも
毎回手に取ることなく見られて、わかりやすかったです。


夏休み中ということでお孫さんがいらしたらしく、
子どもの和気あいあいとした楽しそうな声を聞きながら
こけしを選んだりこけしのお話を聞かせていただきました。

こんなお店が近くにあったら通い倒しちゃうだろうなぁ〜
青森在住の皆さん羨ましすぎです!


そして1日目に三沢方面から入ったのにはもう一つ目的が!
その目的地である十和田現代美術館へ移動〜。
ぎりぎり最終入館時間前に到着することができたので、
常設展示ブースをぐるり見て回ることが出来ました。

一番見たかったスタンティング・ウーマン。
パンフレットを見ずに何も心構えなく常設展示ブースに入ったら
その一番最初のお部屋に展示してあり、
部屋に入った瞬間、意表をついて大きいおばさんが登場したので
体全体でびくぅ!!っとびっくりしてしまいました。恥。
部屋の角にいたスタッフの方と目があって、お互い気まずい会釈を(笑)

次に部屋に入ってくる人もきっとびっくりするだろうと
少し観察していたのですが、誰もびっくりしてないし。。
何であんなにびっくりしてしまったんだろう。。


室内の常設展示は全て撮影禁止なので写真はありませんが、
どれもおもしろい展示でした。
椅子を登って覗いたら…とか、あちらとこちらの景色が…とか。
部屋の照明が暗い作品はちょっと怖いのですり足気味で進んだりとか。
夏休み中だからなのか、子ども連れの家族やカップルが多く見に来ていました。

そして外にも展示が


ホース!




ほわん


みずたま


わん


かぼちゃ〜〜


中もみずたまの草間彌生ワールド!


むくむくのお家の中から外を眺めたり…



駐車場わきの花壇にもムチムチした鳥の作品が。


かわいい。

十和田市内を少し走ってみましたが、長〜い商店街があったり、
次はもう少し滞在して他のお店もまわってみたいなぁと思いました。

そしていい時間になってきたので、1日目の宿泊先
『ドライブイン民宿 桂月』さんへ。
素泊まり激安です。素泊まりでも1階のドライブイン食堂で食事を取れるので
(営業時間あり)、予定がはっきり決まってない時にも使いやすいかも。
奥入瀬渓流にほど近い焼山地区にあるので、お部屋番号は滝の名前でした。



玉だれの滝!
ドアプレートも水っぽく。

そして十和田と言えばB級グルメ・十和田バラ焼き!
生卵をすき焼きのようにからめて食べるのが焼山流だそうです。
2015年のB-1グランプリは十和田市で開催予定だとか。
既に市内には告知の旗が並んでいました。


お風呂は宿内のお風呂を使うこともできるのですが、
近くの十和田市民の家の温泉に入りに行くことも可能です。
温泉に行きます!というと入浴券をいただけます。
十和田市民の家で使われている源泉は猿倉温泉。
入浴時間ぎりぎりに到着しましたが、地元の家族で賑わっていました。
家の近くにいいお湯の温泉があって気軽に入れるっていいなぁ〜。

そんなこんなで1日目が終了。
運転の疲れもあってかあっという間に眠りにつきました。

2日目に続く。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

on Twitter

Booklog

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM