寝付きが悪かったけれどボチボチ寝れての起床。
朝食サービスの宿だったので、サービスだしそれなりのものかな〜
なんて想像しながら食堂に下りてみたら、
なかなかにちゃんとした朝食でした。
(おかずに対してご飯が足りずおかわりしちゃったし…笑)
食堂のおばちゃんが人が良く明るくて朝からいい気分になりました。

早めに帰路につきたかったので、気持ち早めに行動開始。
チェックアウトした後は今回忘れずに立ち寄りたかった
『100円温泉』へ。


宝温泉から車ですぐの場所にあります。


元々は建設会社の作業員さん向けの温泉だったようですが
一般にも開放されています。
私が行った時にも既に入浴している地元の方がいて、
入れ替わり立ち替わり人が途切れることがありませんでした。
こちらは名前の通り100円で入浴できるのですが、
管理人さんなどはいないので貯金箱のような箱に各自
100円を入れて温泉に入ります。
不正を防止する為にか100円を箱に入れる時に
先に温泉に入っている人に100円をアピールしてから
箱に入れることが必須です。
私はアピール方法がわからなかったので
がらりと浴室の引き戸のガラスを開け、
『100円って!ここに!入れればいいんですか〜〜??』と
無駄にアピールしてから入れました。
ちょっと恥ずかしかったです。
その後に入ってきた地元の方を観察していると、手に持った
100円をカチカチガラス戸に当てて中の人たちにアピールしていました。
お湯はお茶〜コーラ色のモール泉。モール泉大好き。
じゃばじゃば浴槽に入るお湯が贅沢〜。
こんな気軽に入れる温泉がうちの近くにもあったらな。
ちょっと行けば温泉が豊富に出ているなんて
これまた豊かだなぁと思いました。
こちらの温泉、100円でモール泉でかなり気に入ったのですが
なかなかに おおらかな作りなので気になる人は気になるかも。
ガラスというガラスが透明な上に換気したい地元の方が
がらっと窓を開けてました。きっと丸見え。
田んぼに囲まれている立地なので、人の目をダイレクトに感じる訳では
ありませんが。。浴室の方は透明ガラスですが、
脱衣所は透明ではありませんでした。が、こちらもがらりと開ける人多し。
その窓からはGEOも見えたり道行く車が見えたりで
気にしない自分と気にする自分のせめぎあいでした。湯上りで暑いし。

100円温泉で地元の方とまたまた言葉をかわしてみたり
朝風呂浴びて気持ち良くなった後は、田んぼアートを見に
田舎館村の道の駅へ〜

期間中には『田んぼアート駅』も!


ちょうどよく駅に電車が。


田んぼアートを見る為の展望台があり、券を買って上がります。


みんなのさざえさん〜


展〜


初めてパノラマ機能を使いました。
観光にかけるプロ根性。好きです。

そして最後に黒石こみせ通りを目指します。
観光案内にあった通り、黒石市役所に車を停めて歩きます。


こみせじゃないところにもこけし灯篭が!


じぃーーー


入口にも


別のお店にも



こちらは立て看板が!


こみせ通り〜〜
来る前に写真で見ていたのと同じ!



ハイテク利用の部分も。

こみせ通りをひととおり巡っていよいよ帰路へ。
帰りたくないけど帰らなきゃ〜〜
あんまり遅くなってもな〜ということで早めに移動を開始しました。
最初の予定では最終日に青森県美術館で展示を見て三内丸山遺跡も見て〜
なんて考えていたのですが、さすがにそれは疲れるだろうと取りやめに。
行きたい場所を残してまた来る理由づけにもしよ〜っと。

津軽こけし館に立ち寄ってから帰ることも考えましたが、
きっと寄ったらまた長居してしまう…!と
心を鬼にして高速に乗りました。


[↑青森 ] [盛岡 大館↑]の道路標識にアンニュイ。
あ〜〜もう本当に帰るんだな〜〜〜
さみしいなぁ〜〜これからの運転やだな〜〜〜
なんて思いながらばびゅーんと。

途中気になるSA・PAに立ち寄りながら帰ります。



せっかくだから秋田気分も満喫したく
ババヘラアイス狙いで花輪SAへ。
本物のババヘラも無く、既に出来上がって売っている
ババヘラフラワーアイスも完売…。
ちぇーっと思いながらきりたんぼ味噌焼きを食しましたが
これ美味しかったです。

山を見ながら帰ろうかな〜と思っていたのに
どの山も雲がかかっていて見えそうになかったので
あまり立ち寄らずに運転を続ける…も、
なんだか疲れのピークが来たようなので前沢SAで休憩。
外のベンチで田舎館村の道の駅で買った津軽なおいなりさんを
食べてしばしぼんやり…


ふと気づいたら1時間ほど休憩していました…
どんだけぼーっとしてたの。

気を取り直して再び高速運転スタート。
途中工事渋滞もありながら、帰り道に絶対寄ろうと思っていた
長者ヶ原SAへ立ち寄り。


ラムサール条約湿地の化女沼の展望台もあります。
(…結構遠くに眺める展望台でした)
白鳥の飛来地でもあるので、敷地内には白鳥モチーフがいっぱい。


宮城県に入ったらすっかり晴れていました。


長者ヶ原SA立ち寄り記念にずんだソフトクリーム。
ずんだ味というよりはずんだフレーバー。
ずんだフレーバーというよりはソフトクリーム。

ところでこのワッフルコーン、りんごソフトで使われているものと
同じじゃないですかね?こんなところで青森を思い出し、
寂しくなりながら元気をふりしぼって、再び高速を運転し
無事に自宅に帰ることができました。

家に着いた時は青森に行って帰ってきたことが夢のよう。。
でも大量のおみやげとこけしとを見て、
念願のひとり旅を終えたのだな~と実感しました。

走行距離は約1000キロ。
そんなに?という気もしますが、ちょこまか移動したからかな?

また一つこけしに関する思い出が増えました。
青森の皆さんありがとうございました!
再会の日を楽しみにこけし道、精進します!

次は今回の青森こけし旅で購入したこけし達のご紹介〜



Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

on Twitter

Booklog

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM